MyAdvantechに登録

「MyAdvantech」はアドバンテックのお客様のための専用ポータルサイトです。メンバーに登録されたお客様には新製品、オンラインセミナー、eStoreでのディスカウントなどの情報を配信いたします。

メンバーに今すぐ登録!

アドバンテックの3つの戦略でインテリジェント・シティを実現

5/3/2012

アドバンテックは、長い間業種別の産業アプリケーションの開発に戦略的に携わってきており、それぞれのフィールドで集積された経験の量は非常に膨大です。そして、インテリジェントな都市の開発ためのオペレーティングモデルの動向に対しても、アドバンテックは、新世代の技術のキープレーヤーになる態勢を整えています。

 IDCの調査によると、2020年までに世界中で稼働するスマートデバイスとインテリジェント・システムの数は、250億に達し、インテリジェントな都市の次世代プロトタイプを構築すると言われています。


インテリジェント・シティ技術に向けて

"インテリジェント・シティの目標は、アドバンテックのインテリジェント・プラネットのビジョンと一致している"と、アドバンテックのエンベデッド·コンピューティング·グループ副社長Miller Changは述べています。彼はまた、現在のスマートデバイス向け市場における数々のアプリケーションは、氷山の一角に過ぎず、海面の下にはこれから開発される巨大な潜在的可能性が、まだ沢山あることを指摘しています。最終的にこれらのデバイスは、都市の"知能"を形成する大規模なシステムと接続されます。

ファクトリー・オートメーションのプロバイダからの業種別アプリケーションのインテグレータに至るまで、アドバンテックは、設立以来、産業界において継続的な進歩を遂げています。そして今では、次のレベルに焦点を当て、インテリジェント・シティ・ソリューションをリードするパイオニアとして、都市全体から地球全体にまで、技術を提供していくことを目指しています。

この理想的な都市にスマートなサービスをもたらすことを始める方法として、アドバンテックは、都市運営のためのインテリジェントなソリューションを提供するための段階的なアプローチを、その目標に設定しています。Miller Changは、産業向けクラウド・コンピューティング・ソリューションが、インテリジェント・シティ構想の最も重要な要素の一つであることが示唆しています。 "駅、店舗、病院、およびその他の公共の場所など、さまざまな施設には、現在の都市の運用を維持するために、自動化機器と独自のITシステムが実装されています。産業クラウドサービスがシステムの一部になったら、すべてのデバイスを互いにリンクすることができ、制御が非常に容易になります。"

スマートオペレーションを構築する3つの戦略
アドバンテックは産業クラウド·コンピューティングのための3つの戦略を開発しました。一つ目は産業向けに特化した機器の使用です。産業機器は、より高いレベルのカスタマイズ化と安定性を必要としていると、Millerは述べています。産業クラウドは業務オペレーションに関連するので、消費者向けグレードの製品では使用環境を満足することはできません。しかし、さまざまな分野では独自の仕様やデザインを持っているので、それは単一のソリューションでそれぞれの特別なニーズを完全に満たすことは容易ではありません。この点で、アドバンテックは、すでにかなりの経験と実績を持ち、長年の努力の末に確固たる評判を築いてきました。
 

 

インテリジェント・マネージメントが、アドバンテックの第二の戦略です。自動化されたIT機器は消費者向けのIT製品とは異なり、それは必ずしもオフィス環境での容易なメンテナンス設定を必要としません。あるデバイスは、デバイス間が非常に長い距離でもセットアップすることができ(道路監視など)、または、手が届くことが困難な高さに設置され(風力タービンのような)、あるいはリスクの高いエリア(原子炉のように)に設置されるかもしれません。これらのアプリケーションは、クラウド・ネットワークに接続するためのシンプルなインターフェイスと、分散した機器を管理し、インテリジェントに制御するためのリモートコントロールを必要としています。Miller Changは、それぞれの組込みハードウェアプラットフォームが、それぞれを一意に認識できるようにする排他的なIDを持っている必要があり、製品は、それ自身の状態を定期的にバックエンドの管理システムに報告できる、感知機能を提供する必要があると指摘しています。

アドバンテックが追求する第三の戦略は、組込みソフトウェアサービスです。一つ目のシステム・アップデートは、利用可能な新しいバージョンがある場合、自動的にインターネット経由でユーザーに通知し、いつアップデートを行うかを必要に応じてユーザーが決めることができる、Microsoft® Windows Updateサービスに類似した機能です。2つ目は、アドバンテックが提供するオンデマンドサービスで、アップル社のApp Storeのように、ユーザーはアプリケーションやユーティリティ、ドライバーなど様々な異なるソフトウェアをオンデマンドで購入し、インストールできるようになります。

都市は既に知的プロトタイプを備えている
Miller Changは、これら2つ例がアドバンテックの典型的なプロジェクト事例ではなく、産業クラウドの不完全性を明らかにするものであることを強調しました。専門的なシステム管理が行えるプライベートクラウドを構築する際に、ほとんどの企業は、そのネットワーク管理能力の不足によって、外部のホスティングソリューションを利用することを必要としています。アドバンテックのソリューションは、クラウド製品やサービスの管理知識をシステム·インテグレータに公開し、彼らの顧客のクラウドコンピューティングシステムを管理することができるようにします。その結果、システムインテグレータにとっては新たなビジネスチャンスが創造され、同時に顧客のニーズも解決されます。

将来のビジョンを段階的に達成していく
Miller Changは、これら2つ例がアドバンテックの典型的なプロジェクト事例ではなく、産業クラウドの不完全性を明らかにするものであることを強調しました。専門的なシステム管理が行えるプライベートクラウドを構築する際に、ほとんどの企業は、そのネットワーク管理能力の不足によって、外部のホスティングソリューションを利用することを必要としています。アドバンテックのソリューションは、クラウド製品やサービスの管理知識をシステム·インテグレータに公開し、彼らの顧客のクラウドコンピューティングシステムを管理することができるようにします。その結果、システムインテグレータにとっては新たなビジネスチャンスが創造され、同時に顧客のニーズも解決されます。 

アドバンテックはまた、産業クラウドコンピューティングシステムへの段階的なアプローチを開発しました。アドバンテックは、クラウドの実現を可能にする製品を促進して、サードパーティ・サプライヤが独自のソフトウェアを追加できてクラウドデータセンターの確立も行うことができる、オープンアクセスプラットフォームを提供していく、とMillerは述べています。これは、さまざまな業界でのアプリケーション開発を可能にし、より小規模なベンダーにもクライアント向けシステムの開発を可能にすることを支援します。アドバンテックは、インテリジェント・シティの理想的なビジョンを達成するために、これらのアプリケーションや技術をサポートしていくことに努めています。