MyAdvantechに登録

「MyAdvantech」はアドバンテックのお客様のための専用ポータルサイトです。メンバーに登録されたお客様には新製品、オンラインセミナー、eStoreでのディスカウントなどの情報を配信いたします。

メンバーに今すぐ登録!

RISC コンピューティングプラットフォーム

組み込みARMプロセッサベースのRISCコンピューティングプラットフォームは、消費電力と性能の最適化のための要件を満たしています。アドバンテックは、RISCベースコンピュータ·オン·モジュール(RTX、SMARCおよびQseven)、シングルボードコンピュータ、ボックスコンピュータとRISC設計サポートサービスを同時に提供します。お客様は、全体の設計プロセスを合理化し、顧客が急速に産業用制御、ポータブル機器、ホームオートメーション、医療機器、HMI /キオスク、ロボット工学、輸送部門における独自の技術革新の開発を支援します。

製品カテゴリ

  • コンピュータ・オン・モジュール

    アドバンテックのRISCベースのコンピュータオンモジュールシリーズは以下のラインナップです:RTX,SMARCおよびQseven。またRISC設計サポートサービスを同時に提供し、全体の設計プロセスを合理化し、顧客の迅速な独自のイノベーション開発に貢献します。

    • ROM-5620

      Advantech ROM-5720 SMARC 2.0 Computer-on-Module is powered by NXP i.MX 8X SoC which includes two to four Arm Cortex-A35 cores for mid-range automotive and industrial market segments, one Cortex-M4F core for real-time processing, and one Tensilica Hi-Fi 4 DSP for efficient audio and voice codec execution. It also escalates its graphic performance by Vivante GC7000 Lite, 4K H.265 capable decoder, and dual 1080P60 display controller. ROM-5720 is paired with Advantech ROM-DB5901 Evaluation Carrier Board for faster end product peripheral integration and time-to-market. The reference schematics and layout checklists documentations for carrier board development will be provided along with the open-sourced Linux BSP, test utilities, hardware design utilities and reference drivers.
    • ROM-5720

      Advantech ROM-5620 SMARC 2.0 Computer-on-Module is powered by NXP i.MX8M SOC which includes dual and quad-core Arm Cortex-A53 processors in combination with one Cortex-M4 real time processor and Vivante GC7000 Lite 3D Graphics engine. It provides USB3.0, two Gigabit Ethernet, two MIPI-CSI, PCI Express, HDMI2.0 up to 4096 x 2160 at 60 Hz and MIPI-DSI for embedded applications. It's the ideal solution for Transportation, Infotainment, Vending, Medical and so on. ROM-5620 is paired with Advantech ROM-AB5300 3.5'' Application Carrier Board for faster end product peripheral integration and time-to-market. The reference schematics and layout checklists documentations for carrier board development will be provided along with the open-sourced Linux BSP, test utilities, hardware design utilities and reference drivers.
    • ROM-7720

      ROM-7720 is a standard Qseven 2.1 computer-on-module powered by a next-generation ARM processor NXP i.MX8 QuadMax. With 8 processor cores, up to 1.6 GHz frequency, independent MCU processing unit and 2 highly integrated graphic processor unit, ROM-7720 is the most powerful and reliable ARM module solution ever seen.
    • ROM-7421

      NXP i.MX6 Dual/Quad Plus 1GHz Cortex-A9 プロセッサ Qseven 2.0 コンピュータ・オン・モジュール
    • ROM-7510

      ROM-7510 Qseven Module integrates ARM Cortex-A15 TI AM5728 high performance SoC and I/O solution chips to be Linux support ready. TI AM5728 is provided by dual-core ARM Cortex-A15 RISC CPUs with Neon™ extension, and two TI C66x VLIW loating-point DSP cores. The ARM allows developers to keep control functions separate from other algorithms programmed on the DSPs and coprocessors, thus reducing the complexity of the system software. ROM-7510 has Advantech ROM-DB7502 Evaluation Carrier Board for easy integration and design reference; we also offer referenced schematics and layout checklists for carrier board development. Additionally, Linux BSP, test utilities, HW design utilities and reference codes are ready for application development and device integration.
    • ROM-5420 B1

      NXP ARM Cortex-A9 i.MX6 SMARC v1.1モジュール
    • ROM-3310

      TI AM3352 Cortex A8 1GHz RTX 2.0モジュール
    • ROM-1210

      COMとNXP i.MX53シリーズプロセッサ(案件ベース対応)
    • ROM-1210

      COM with Freescale i.MX53 Series Processor (案件ベース対応)
    • ROM-3420

      NXP ARM Cortex-A9 i.MX6 RTX2.0 モジュール
    • ROM-7420

      NXP ARM Cortex-A9 i.MX6 Qsevenモジュール
  • シングルボードコンピュータ

    アドバンテックRISCベースのシングルボードコンピュータは、簡単に実装するためのマルチ統合機能を提供します。RISC設計サポートサービスにより、全体の設計プロセスを合理化し、顧客の迅速な独自の技術革新の開発を支援します。

    • RSB-4680

      RSB-4680 is a RISC 3.5" single board computer (SBC) powered by a high-performance Rockchip ARM Cortex-A17 RK3288 processor which supports 4K display from HDMI. It offers rich interfaces such as 6 USB2.0, 6 UART, 1 VGA, 1 LVDS, 1 GbE and 8 GPIO. RSB-4680 also features Mini-PCIe, M.2, and SIM card slots for integrating Wi-Fi, Bluetooth,and 4G modules. It is an ideal solution for Kiosk, POS, and Vending machine application.
    • RSB-4760

      RSB-4760 is a RISC 3.5" single board computer (SBC) powered by Qualcomm ARM® Cortex®-A53 APQ8016 processor that supports full HD display and intergrades on board wireless solution – Wi-Fi, BT and GPS. RSB-4760 also features in mini PCIe, M.2, and SIM card slots for expanding connectivity capability, like 3G, 4G/LTE modules. Equipped with complete Android, Linux and Win10 IoT core BSPs, this SBC enables customers to easily develop unique application on specific OS.
    • RSB-3851

      Intel Quark X1000 400 MHz搭載 シングルボードコンピュータ
    • RSB-4221

      TI Sitara™ ARM® AM3358 Cortex®-A8 3.5" シングルボードコンピュータ
    • RSB-4411

      NXP ARM Cortex-A9 i.MX6搭載 3.5インチシングルボードコンピュータ
    • RSB-3850

      Intel Quark x1000 搭載2.5インチシングルボードコンピュータ
    • RSB-3410

      NXP i.MX6 2.5"シングルボードコンピュータ
    • RSB-4210

      Freescale i.MX53 シリーズプロセッサ搭載シングルボードコンピュータ
    • RSB-4220

      TI Sitara AM3352 cortex A8 3.5インチシングルボードコンピュータ
    • RSB-4410

      Freescale ARM Cortex-A9 i.MX6 搭載シングルボードコンピュータ
  • 産業用マザーボード

    アドバンテックのRISCベース産業用マザーボードは、容易に実装するためのマルチ統合機能を提供します。アドバンテックは、RISCモジュール、シングルボードコンピュータ(SBC)、ARMのcortexプロセッサ技術に基づく産業用マザーボード、ボックスコンピュータなど、幅広いRISCソリューションを提供しています。RISC 設計サポートサービスと共に、設計プロセス全体を簡素化し、お客様が独自のイノベーションを迅速に開発できるよう支援します。

  • 組込みコンピュータ

    アドバンテックのRISCベースのボックス型コンピュータは、市場の要求を満たすためのCortex-A9,ARMにフォーカスした設計を特長としています。RISCデザインサポートサービスとともに、全体の設計プロセスが合理化され、お客様が迅速に独自の技術革新を実現するための開発を支援します。

    • EPC-R4680

      EPC-R4680 is an ARM based Box Computer powered by Rockchip ARM Cortex-A17 RK3288 Quad core high performance processor, which supports 4K display and 4Kx2K multi-format video decoding via HDMI. It also features M.2, Mini-PCIe and SIM card slots for WIFI, BT and 4G connectivity. EPC-R4680 also offers rich interfaces such as 6 USB2.0, 6 UART, 1 GbE and 8 GPIO. It is an ideal solution for Kiosk,Vending machine and Digital signage application.
    • EPC-R4760

      クアルコムAPQ-8016 Cortex-A53 ARMベースボックスコンピュータ
    • EPC-R4760

      クアルコムAPQ-8016 Cortex-A53 ARMベースボックスコンピュータ
    • EPC-R6410

      EPC-R6410 is the RISC based box computer which integrated NXP i.MX6D/Q Cortex-A9 1.0GHz high performance processor. It is designed for the applications that require high performance and rich I/O but low power consumption. It supports dual display via HDMI and VGA up to 1080p, 1 Gigabit Ethernet, 6 USB 2.0 and 4 serials, as well as mini-PCIE for 4G/3G and M.2 for WiFi/BT. With wall mount brackets, fanless and dust-proof design, you can easy install in rugged environment.
    • UBC-222

      UBC-222 is a new generation embedded computing system based on Intel Quark processor technology. With fanless and optimized power design, wired/wireless connectivity, and highly integrated I/O for industrial automation, it’s the most reliable and economical solution for your intelligent factory. 
    • UBC-330

      TI Sitara AM3352 Cortex-A8 RISCベースボックス型コンピュータ
    • UBC-DS31

      フルHD RISCベース サイネージボックス
    • UBC-200

      Freescale ARM Cortex-A9 i.MX6 RISC コンパクトボックス型コンピュータ
    • UBC-220

      NXP i.MX6 RISC コンパクトコンパクトボックス型コンピュータ
    • UBC-221

      Intel Quark x1000 2.5インチ ボックスコンピューティング
    • UBC-310

      Cortex-A9 i.MX6搭載ARM ベース RISC コンパクトボックス
  • 開発ボード

    RISCベースのキャリアボードの問題テストしCOMシリーズとQseven, ETX / XTXのフォームファクターのサポートに使用することができるデベロップメント・ボードをデザインしています。デベロップメント・ボードは開発段階でのデザイン労力を減らすために概略の説明書を提供しています。デベロップメント・ボードはお客様がCOMの機能を確認しキャリアボードの問題をテキストし、COMシリーズをサポートできるようにデザインされています。

    • ROM-DB7502

      ROM-DB7502 is an Referenced Carrier Board designed for Advantech's RISC Qseven 2.0/2.1 module. It i provides a thorough environment for module board evaluation with its complete function support. It also supports 12V power input through AC/DC power adapter and with smart battery design, it's more easier for the end user to design portable devices by referring ROM-DB7502 design. ROM-DB7502 is offered along with several carrier board design documents: Carrier Board Design Guide, layout checklist, schematics checklist and the refer schematics are all ready for you to start your own carrier board design. With ROM-DB7502, you can quickly start evaluating your Qseven 2.0/2.1 module and design your own carrier board.
    • ROM-DB7501

      ROM-DB7501 is the development board designed for Qseven 2.0 RISC module. It supports full I/O functionality and optimized power design, users can take ROM-DB7501 as the evaluation and reference board. Along with the carrier board, we provide you cables and connectors that may be needed during evaluation. ROM-DB7501 is the most efficient and simple reference for your own carrier board. 
    • ROM-DB3900

      開発ボードfor RISC RTX2.0 Module
    • ROM-DB5900

      開発ボードfor RISC SMARC module
    • ROM-DB7500

      RISC Qseven モジュール用開発ボード
  • 開発キット

    既製の評価キットは、設計経路を促進するための完全な技術文書/環境により構成されています。同様にOSレディ·プラットフォームを提供するなど、開発努力を最小限に抑えるために、アドバンテックでは、アプリケーション指向なサポートパッケージを提供、本評価キットでより効率的にターゲットアプリケーションを開発することができます。 評価キットは以下のパーツが含まれています。 1:OSレディのRISCベースのCOM / SBC。 2: LCDキット(LCD、タッチスクリーン)。3:テスト用ケーブル 4:電源アダプタと付属品パッケージ。 5:CD-ROM(システムのアップグレード/メンテナンスユーティリティ、SDK、システムテストユーティリティ、API)。

関連資料