MyAdvantechに登録

「MyAdvantech」はアドバンテックのお客様のための専用ポータルサイトです。メンバーに登録されたお客様には新製品、オンラインセミナー、eStoreでのディスカウントなどの情報を配信いたします。

メンバーに今すぐ登録!

News & Archives

アドバンテック、5G時代のAI x IoTソリューションを発表

11/25/2019

アドバンテック、5G時代のAI x IoTソリューションを発表



産業用コンピュータの分野で世界トップシェアであるアドバンテック株式会社(Advantech Co., Ltd. 本社:台湾台北市/日本法人:東京都台東区、以下 アドバンテック) の社長兼日本地区最高責任者:マイク小池は、11月21日(木)に開催された、組込み技術展の台湾AIoTセミナーへ登壇し、【エッジ・コンピューティングの近未来とAI x IoTソリューション】をテーマに、「AIとIoTの融合によってできること、産業や社会の変化」、「今後の超スマート社会を先取りするアドバンテックのソリューション」について発表しました。

講演の中で、マイク小池は「AIマーケットこそがIoTの最終的に辿りつく大きなマーケットである」とコメントし、来る5G時代におけるAIとIoTソリューションの必要性について語り、日本や台湾をはじめとした東アジアから発信していくことでAIとIoTソリューションの発展をけん引していくと述べました。。

また、今後のアドバンテックの取り組みとして、各業界の重要な課題ディープラーニングに焦点を当てた「エッジAI」の方針を発表しました。現在、ディープラーニングにおいては、精度の向上、リアルタイム性の向上が要とされており、予知保全をはじめとして、監視・交通・製造現場・メディカル・リテールといった分野で研究開発が行われています。 アドバンテックは、エッジAIソリューションとして、ボックスコンピューターやボードコンピューター、ソリューションレディパッケージを含むソフトウェアツールといったエッジAIに必要な処理能力、機能をもつエッジコンピューターを提供しており、これによりあらゆる現場に最適なAI処理環境を提供することができます。

実例として、パブリッククラウドのDeep Learning Trainingサービスとしてエッジコンピューターに実装されているVEGA4000シリーズや、特にカメラと連携することで効果を発揮し、交通監視やAOI、セキュリティ保全を目的とした行動監視を可能にするNVIDIAベースAIプラットフォームを紹介しました。


現在、内閣府が進める次世代社会の方針「Society5.0」社会の実現に向けて、アドバンテックは超スマート社会推進コンソーシアムへ参加しています。 「Society5.0」社会の実現を実現するには、フィジカル空間(現実の世界)のみならず、サイバー空間(ネットワーク上の仮想の世界)をまたがる技術が研究され、予想されるコンピュータ処理能力不足を回避すべく、量子コンピューターの研究開発が求められています。
マイク小池は今後も「AI、IoTを通じてプラットフォームを作っていく、世界に新しい風を更かしていきたい」と、コメントしました。
異分野・異業種および産学官が融合することで社会課題を解決していく、「Society5.0」社会の実現に向けて、アドバンテックは、この融合をクロスオーバーに支えるプラットフォームプロバイダーとして貢献していきます。   

■イベント概要 
名称:組込み技術展  台湾AIoTセミナー/AIoT最新事情 
会場:パシフィコ横浜 
日時:11/21(木) 13:30~16:00 
講演テーマ:「エッジ・コンピューティングの近未来とAI✕IoTソリューション」