MyAdvantechに登録

「MyAdvantech」はアドバンテックのお客様のための専用ポータルサイトです。メンバーに登録されたお客様には新製品、オンラインセミナー、eStoreでのディスカウントなどの情報を配信いたします。

メンバーに今すぐ登録!

News & Archives

アドバンテック、医療画像アプリケーション向けのDICOM Part 14準拠LCDキットを発表

11/11/2019


産業用コンピュータの分野において世界トップシェアのアドバンテック株式会社(Advantech Co., Ltd. 本社:台湾台北市/日本法人:東京都台東区、社長兼日本地区最高責任者:マイク小池、以下 アドバンテック)は、DICOM Part 14に準拠した最初の21.5インチFHD LCDキットのリリースを発表しました。IDK-1121MDシリーズは、医療画像アプリケーション向けです。 21.5インチのフルHD IPSディスプレイとDICOM Part14ガンマキャリブレーションをサポートするスケーラーボードを備えたIDK-1121MDシリーズは、広視アングル、そして鮮明で高画質な画像をお届けします。 このシリーズには独立した6軸の色彩調整機能が備わっているため、正確で適切な色彩にすることができ、超音波や手術用画像などの独自のシステムに適合する機械設計における適応性を最大限に享受することが可能となるのです。

高画質な画像を表示する高解像度IPSディスプレイ

他の産業用アプリケーションとは異なり、医療用画像ディスプレイには、異なるディスプレイデバイスを用いることで、一貫して正確な画像が必要となります。 IDK-1121MDシリーズは、21.5インチのワイドディスプレイとLEDバックライト付きで、2メガピクセルのフルHD解像度が設計されているため、ディスプレイ上の画像を、よりはっきりと、そしてより鮮明にします。IPSテクノロジーを搭載したIDK-1121MDは、すべての視野アングルで一貫して、正確な色彩を表示します。

DICOM Part 14準拠により一貫した画像品質を保証

IDK-1121MDはDICOM Part 14に準拠する正確なキャリブレーションをサポートする自社設計スケーラーボードと、VGA / DVI / DPインターフェースを統合します。10ビットの同時グレースケールを利用することで、10億色以上を表示し、高度で正確なグレースケール表現を可能とします。 さらに、6軸の色彩調整機能により、アプリケーションのニーズに合わせて色彩調整をサポートします。 リモートコントロール機能用の自動輝度センサーとRS-232もカスタマイズにより利用できます。

本件に関するお問い合わせ先
アドバンテック株式会社
電話:0800-500-1055(フリーコール)
Email:ajp_callcenter@advantech.co.jp