MyAdvantechに登録

「MyAdvantech」はアドバンテックのお客様のための専用ポータルサイトです。メンバーに登録されたお客様には新製品、オンラインセミナー、eStoreでのディスカウントなどの情報を配信いたします。

メンバーに今すぐ登録!

News & Archives

アドバンテック、ワールド・パートナー・カンファレンス開催!産業用IoTエコシステムの共創、デジタル・トランスフォーメーションによる業務拡大をめざして

12/9/2019

産業用IoTエコシステムの共創、
デジタル・トランスフォーメーション(DX)による業務拡大をめざして

 産業用コンピュータの分野で世界トップシェアのアドバンテック株式会社(Advantech Co., Ltd. 本社:台湾台北市/日本法人:東京都台東区、社長兼日本地区最高責任者:マイク小池、以下 アドバンテック)は、林口にあるアドバンテックのIoTキャンパスで2日間の産業用IoTワールド・パートナー・カンファレンス(以下:WPC)を開催いたしました。このイベントは昨年の中国・蘇州で開かれた「IoT Co-Creation Summit」以来、初の大規模なパートナー・カンファレンスとなります。
今年、アドバンテックは「産業用IoTにおけるデジタル・トランスフォーメーションを主導 (Driving Digital Transformation in Industrial IoT)」というテーマを掲げ、未来の産業用IoT (以下:IIoT)が持つ課題に対応する知見や考えの共有を目指します。また、アドバンテックはNVIDIA社のIntelligent Machines部 副部長(Vice President)兼ゼネラル・マネージャ―(General Manager)のDeepu Talla博士や、Ericsson社の先進技術部部長(Head of Advanced Technology)のErik Josefsson氏を招待し、AIや5G、エッジ・コンピューティングについての意見を共有いたしました。

 IIoTアプリケーション業界におけるフラグメンテーションというジレンマに立ち向かうため、アドバンテックはこの課題を解決する産業用アプリケーションプラットフォームを開発しました。アドバンテックはドメイン・フォーカス・ソリューション・インテグレーター(以下:DFSI)に対し、彼らがWISE-PaaS IIoTプラットフォーム機能の利用を通じて機能モジュールのすべてに簡単にアクセスできるマイクロサービスを提供し、DFSIがアドバンテックとコラボレーションして完全な産業用ソリューションを開発できるようにしました。アドバンテックのPresident of IIoT Business Group長、Linda Tsaiは次のように言及しました。「フラグメンテーションのジレンマを解決するプロセスを加速化させ、共創というゴールを達成するため、2020年にアドバンテックIIoTビジネスグループが立てた戦略には次の3つの方向性が盛り込まれています。 (1) 業界マーケットに照準を合わせた主要トレンドと繋がるために製品の技術力を高めること、(2) WISE-PaaS Marketplace 2.0を完璧に実現し運用すること、そして (3) パートナーとの関係を強化し共創のアイデアを交換することです。」

  • 1)業界マーケットに照準を合わせた主要トレンドと繋がるために製品の技術力を高める
    Industry 4.0インフラストラクチャー、スマート・マニュファクチャリング、交通環境モニタリング、エネルギーなどの個別IIoT業界をターゲットとし、アドバンテックのIIoTは5GからAIアプリケーションまで、優れたテクノロジーを持つエッジ・ツー・クラウド製品をフルラインナップで提供します。目標は、デジタル・トランスフォーメーション(DX)に向け、トレンド開発と足並みを揃えた最適なビジネスサポートを提供することです。

  • 2)WISE-PaaS Marketplace 2.0を完璧に実現、運用する
    WISE-PaaS Marketplace 2.0は、お客様に産業用アプリケーション(I.App)向けのサブスクリプション・サービスを提供するIIoTソリューションのトレーディング・プラットフォームです。このプラットフォーム上ではエコシステム・パートナーが集い、プラットフォームを介して自身のソリューションを立ち上げられるようになっています。ユーザーは『Edge.SRP』、『General I.App』、『Domain I.App』、AIモジュールに加え、アドバンテックやパートナーがWISE-PaaS Marketplace 2.0上で提供したコンサルティングサービスやトレーニングサービスについてもサブスクライブすることができます。

  • 3)パートナーとの関係を強化し共創のアイデアを交換する
    チャネル・パートナー、システム・インテグレーター、DFSIなどの関係性を深め、アイデアを交換・共有し共創に向けたコラボレーションを進めて、エコシステム・パートナーとして共存する未来を築きます。

産業用AI、インテリジェント・エッジ・コンピューティング、産業用コミュニケーションなど、
主要技術開発におけるブレークスルーと成長

 WPCでは、アドバンテックは開発戦略やIIoT Business Groupの方向性を共有するだけでなく、Industry 4.0のインフラ、スマートマニュファクチャリング、交通環境モニタリング、エネルギーなどの多様なセクターにおける技術の開発においても多数のブレークスルーや成長の事例を展示しました。この中では、産業用AIにおける完璧なソリューションや個別の産業用ワンストップトレーニングでのコラボレーション事例、またアドバンテックとそのパートナーとの間で展開された、顧客が迅速かつ正確にAIモデルを構築できるようにした支援事例なども紹介いたしました。マシン・ビジョン検査、製品のトレーサビリティ、装置モニタリング、予測メンテナンスのための新しいインテリジェント・エッジ・コンピューティング・ソフトウェア、『XNaviシリーズ』も展示され、さらに、送信ディレイを大幅に減らしネットワークの反応速度を改善した、スマート・コミュニケーションにおけるTSN(タイム・センシティブ・ネットワーキング)スイッチも注目の製品です。


アドバンテック、共創パートナーがWISE-PaaSを利用した
ドメイン・フォーカス・アプリケーションにて緊密に連携

 昨年、中国の蘇州で開催された「IoT Co-Creation Summit」の成功を振り返り、アドバンテックは国内外から16の共創パートナーを招待し、彼らが近年アドバンテックと共創を果たしたソリューションを紹介しました。この中にはPCBマシン・ネットワーキング・装置におけるソリューション、スマート・コミュニティ管理、スマート・エネルギー・モニタリング、産業地域での環境モニタリング、多様な機器のデジタル化、デジタル資産管理などが含まれますが、これらすべてはWISE-PaaSに基づき、インテリジェント・ゲートウェイ、高性能なエッジ・コンピューティング・プラットフォームを備えた内容となっています。

 Linda Tsaiは次のように言及しました。「アドバンテックはこの会議を使って人工知能やIIoTソリューションの成長やサステナビリティを主導し高めようとしています。また、IIoT業界パートナー向けに新たな未来のエコシステムの構築を図り、アドバンテックのIIoTグローバルマーケットにおける主導的な立場をさらに拡大したいと考えています。」

 今年のアドバンテックのIIoT WPCには世界中から40か国、400を越える顧客、パートナーが参加し、40を越えるブースで最新のIIoTソリューションが展示されました。そのうちアドバンテックとパートナーとの共創を果たしたソリューションは16となっております。


■ アドバンテックについて  -  台湾 Advantech Co., Ltd. (TAIDEX:2395)は、1983年の創業以来eプラットフォームのリーディング・プロバイダとして、産業用コンピューティングやオートメーション市場における高品質でハイパフォーマンスな製品の開発・製造および販売に携わっており、現在では世界26カ国96都市に拠点を構えるグローバル企業です。得意とする組込み用ボードコンピュータや産業用PC、リモートI/Oモジュールや産業用マザーボードの販売に加え、お客様のニーズにきめ細かくお応えする産業用コンピュータのBTOサービスや、お客様の要求仕様に合わせて製品の設計から生産までを請け負うDMSビジネスも行なっています。また、近年コーポレートビジョンである「インテリジェント・プラネットの実現」を具現化するスマートシティ&IoTソリューション・ビジネスの開拓に注力する当社は、積極的な製品およびソリューション開発に務めるとともに、さまざまなエコパートナー企業とのパートナーシップの強化を図っています。このようなエコパートナー企業との緊密な協力関係、および自らの研究開発投資によって、インテリジェント・システムを様々な産業に普及させ、地球上のあらゆる労働環境と生活環境をより豊かでスマートなものにしていくこと、- インテリジェント・プラネットの実現 - が、我々Advantechの使命です。

(アドバンテック株式会社 ウェブサイト http://www.advantech.co.jp ) 

※ 本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。