MyAdvantechに登録

「MyAdvantech」はアドバンテックのお客様のための専用ポータルサイトです。メンバーに登録されたお客様には新製品、オンラインセミナー、eStoreでのディスカウントなどの情報を配信いたします。

メンバーに今すぐ登録!

News & Archives

アドバンテック、2019年新型コロナウイルスの対応策

2/14/2020

台北、2 ⽉ 12 ⽇、2020‒ IoT 産業のグローバルリーダーであるアドバンテック(研華、株式コード: 2395)は 2019 新型コロナウイルス(2019-nCoV)の状況について、2 ⽉ 12 ⽇から公式サイトで定期的に更新することを発表しました。昆⼭製造センターの再開スケジュールと稼働率、中国エリアの主要な営業拠点の稼働状況、および従業員の状況等、グローバルなパートナー、顧客、従業員に最新な情報を提供することが⽬的です。

アドバンテックの全世界の従業員の感染はゼロ。 ⼀部の中国⼈従業員は在宅勤務 

アドバンテックは世界中で約 8,000 名の従業員がいます。最新情報によって現在感染者数は0です。 中国約 3,400 ⼈の従業員(直接および間接従業員を含む)が昆⼭にある製造センターを除き、他は北 京、上海、深セン、広州、⻄安、成都などの 40 以上の都市にいます。中国政府の防疫規範によると、全ての企業の稼働再開は地⽅政府の承認を得なければなりません。これまでアドバンテックの再稼働可能な都市として、北京、上海、深セン、広州などの主要都市が含まれます。従業員の⼼⾝の安全を守るために、2 ⽉ 10 ⽇から 2 ⽉ 14 ⽇の間に⼀部の従業員は在宅勤務する予定です。他の⽀社は、既に稼働再開申請を出しており、地⽅⾃治体の指⽰待ちです。

アドバンテックは、WeChat グループや Able Club などの内部および外部プラットフォームを利⽤し、リアルタイムで従業員の健康状態を把握しています。また、内部および外部のチャネルとプラットフォームを通じて、世界中の従業員に感染流⾏の予防推奨事項を公開します。更に、各地の政府に防疫体制を通知するパイプラインも開始されました。 

従業員の安全と健康を前提として、昆⼭製造センターは 2 ⽉下旬に 30%稼働再開予定 

アドバンテック昆⼭と台湾製造センターは、フル製品ラインとなります。それぞれがアドバンテックの⽣産能⼒の半分を占めています。⽇本の製造センターは、⽇本の顧客専⽤に Advantech 製品組合せのカスタマイズサービス(Configure To Order Services,CTOS)の提供がメインとなります。台湾および⽇本の製造センターは通常稼働しており、特に感染流⾏の影響を受けていません。昆⼭製造センターは、防疫対策と全従業員の健康を基づき、地⽅⾃治体の稼働再開承認を待ちながら、2 ⽉ 17 ⽇に ⽣産⼀部を再開する予定です。短期的な流⾏影響を軽減するために、週ごとに少しずつ通常ペースを戻し、同時に台湾製造センターでの⽣産を拡⼤する予定です。 

 本⽇より、アドバンテックの製造センターの⽣産状況と従業員の稼働状況を毎週⽕曜⽇と⾦曜⽇の午後 2 時に以下のサイトにて更新し、最新の情報を顧客、パートナーと従業員に提供します。

https://www.advantech.com/resources/news/2019-ncov