MyAdvantechに登録

「MyAdvantech」はアドバンテックのお客様のための専用ポータルサイトです。メンバーに登録されたお客様には新製品、オンラインセミナー、eStoreでのディスカウントなどの情報を配信いたします。

メンバーに今すぐ登録!

アドバンテックは広温度範囲仕様の8TB SATA SSDと エンタープライズグレード仕様のSATA SSDを発表

2019/08/19
article-pic

SQFlash 840シリーズは、業界で高い支持を得ている2.5インチフォームファクター(SQF-S25)およびM.2 2280フォームファクター(SQF-SM8)を提供しながら、高性能、大容量、およびフルスケールのストレージセキュリティサポートを提供しております。
最新の東芝BiCS3 / BiCS4 3D NANDフラッシュテクノロジーを使用したSQFlash 840シリーズは、ドライブ容量あたり最大8TBを実現した最初の広温度範囲仕様SATA SSDです。 SSDの耐久性とデータの整合性の更なる強化のために内蔵のLDPCとRAID-ECCエラー訂正エンジンを備えた最新のコントローラーテクノロジーを採用しております。 SQFlash 840シリーズと同じ機能を提供することに加えて、SQFlash 845シリーズは最大1.8 DWPD(1日あたりのドライブ書き込み回数)達成のために最新の東芝エンタープライズグレード3D NANDフラッシュテクノロジーを使用しております。 ネットワーキングやテレコムなどのエンタープライズアプリケーションを対象としたSQFlash 845シリーズは、優れたパフォーマンス、耐久性、大容量を提供し、さまざまな顧客の要求に対応できる製品です。

SQFlash 840シリーズ:市場初の8TB広温度範囲仕様SATA SSD

毎日膨大なデータが送信されていて成長し続けているIoT市場の産業アプリケーション向けに、より高速で信頼性の高い接続を実現するため、5Gネットワークを介してデータセンターに送信されるデータはますます増えております。これにより、ネットワークスイッチとデータセンターの需要が増大し、関連するデバイスのアップグレードが必要になり、その結果、大容量で幅広い動作保証温度範囲のストレージソリューションが求められます。
SQFlash 840シリーズは、容量を2.5インチSSDで8TBまで、M.2 2280で2TBまで効果的に増加させ、防衛、運輸・輸送、およびネットワーキング分野の幅広い動作保証温度範囲を要求されるアプリケーションに適しています。データ保護のために、SQFlash 840シリーズは、SSD内のデータのセキュリティ向上のためにTCG-OPALおよびTCG-Enterpriseに準拠するすべてのデータセキュリティメカニズムをあらかじめ設定されております。

SQFlash 845シリーズ:2倍の耐久性を備えたエンタープライズクラス2.5インチSSD

接続されているIoTデバイスの数が増えるにつれて、これらのデバイスによって生成されるデータは膨大でますます重くなり、5Gネットワークを介したエッジコンピューターとの高速伝送が必要になります。そのため、産業用アプリケーションで集中的にデータの読み書きを行うエンタープライズレベルのストレージ製品がしばしば必要となります。 SQFlash 845シリーズは、約4Wの低消費電力で。最大560/520 MB/sの読み取り/書き込み速度を実現します。さらに、エンタープライズグレードの3D NANDフラッシュを使用するため、DWPDの耐久性は一般的な3D NANDフラッシュの2倍になります。

提供製品

  • 2.5” SATA SSD
  • SATA 6Gb/s, up to 7.6TB

  • M.2 2280 (B+M Key)
  • SATA 6Gb/s, up to 1.9TB

  • 2.5” SATA SSD
  • SATA 6Gb/s, up to 7.6TB