アドバンテックの管理コンピュータによる北京国際空港エネルギー管理システムをシームレスに接続(中国)

アドバンテックの管理コンピュータによる北京国際空港エネルギー管理システムをシームレスに接続(中国)

アドバンテックは、2019年9月に開港された世界最大の交通ハブとなる北京大興国際空港において、国際標準規格であるIEC 61850に準拠したエッジ通信ゲートウェイ:『ECU-4553』を採用し、エネルギーと設備を統合したオペレーション&メンテナンス(O&M)プラットフォームを構築しました。

金門島の田山発電所に導入したスマートグリッド・インテリジェンス施設(台湾)

金門島の田山発電所に導入したスマートグリッド・インテリジェンス施設(台湾)

世界中で、電力システムを監視することができるスマートグリッドは、アドバンテックの情報、通信、自動化技術の組み合わせによって構築されています。

アドバンテックの産業オートメーション・システムで食品業界におけるトレーサビリティを実現

アドバンテックの産業オートメーション・システムで食品業界におけるトレーサビリティを実現

現在、食品および飲料業界では、食品・飲料の安全性を確保するためには、製品のトレーサビリティが不可欠です。 実際、多くの国で トレーサビリティは法的要件です。 製造と流通の過程全体を記録することにより、サプライヤはあらゆる問題に迅速に対応できます。